Archive

相続弁護士を横浜で

今の主人と結婚したのは2年前。
私は若いときに一度結婚をしていたが、離婚している。
前夫はお酒をよく飲む人だった。
普通に飲んでいるうちはいいのだが、お酒が進むと手がつけられなくなる。
ある日、手を挙げられ、離婚した。
それからしばらくして、出会ったのが今の夫である。
前夫とは違ってお酒は飲まない人だ。
なんの問題もなく幸せに暮らしていた。
しかし、実は複雑な家庭環境で育った主人。
それを隠していた。
知ったときには、問題は大きくなっていたのだ。
それは、遺産相続問題だった。
祖父からは、特別な存在だったのか、かなり可愛がってもらっていた主人。
遺言書をみた主人の両親が相続弁護士横浜に相談し話し合いをするからきて欲しいと言われたのだ。
私は、行きたくなかったが、きちんと話を聞いてほしいと言われたのだ。
首をつっこみたくなかったのだが、仕方がない。
祖父は、主人に遺産の半分をあげたいみたいで、それは納得いかないと両親はいっていた。
今まで遺産相続なんて、無関係できたので、よくわからなかったが、主人は、祖父が決めることだよと一言いってその場を去った。
きっとこの問題は長引くだろう。