英語が読めるようになりたいなら英検取得から目指そう

児童英検というものは、どのグレード・コースにするのかで金額には差が出ます。
ひとつめにペーパー版に関しては、試験の料金はそれぞれBRONZEが2,000円、SILVERが2,200円、GOLDでは2,400円と設定されています。
オンライン版の価格については、オプションがついたコースがありますので、自分に適したものを選びましょう。
テストそのものについては、かかる値段はペーパー版と同一です。
ラーニングコースであれば、模擬テストやドリル、ゲームも行うことができるので、インターネットを通して児童英検の勉強を進めることができます。
費用は、どのグレードを選択した場合も1ヶ月コースで2,000円、3ヶ月コースで3,900円、6ヶ月コースで6,000円という設定です。
それ以外に、フルパックといってラーニングとテストの双方が行えるコースも設定されています。
これを選ぶとドリル&ゲーム、模擬テストだけでなく、児童英検のオンラインテストを行うことが可能です。
代金はBRONZEでは1か月が3,900円、3か月が5,400円、6か月が7,300円となっています。
SILVERが1か月4,100円、3か月5,600円、6か月7,500円必要で、GOLDが1か月4,300円、3か月5,800円、6か月7,700円という金額を支払います。
ラーニングとテストを両方個別に支払うよりも、フルパックを申し込むほうが安くなります。
けれども、オンラインによるテストは期間のうちたった1度だけしか受験することが不可能であるので注意しましょう。
英語力がまだ足りないと思う場合には、期間が長いものを選んだほうが安心です。

このページの先頭へ