近年、老化の原因は活性酸素による細胞や組織の酸化が要因であると言われてきました。ですから、組織や細胞を酸化から守ることがイコール老化防止につながり、美容(若さやキレイさを保つための努力をするのとしないのでは、年を経るごとに大きく差が開いていくでしょう)と健康の維持に役立つとされてきたとされているのです。2005年には、アメリカの科学誌「サイエンス」に日米合同の研究チームによる論文が掲載され、「老化に活性酸素(古くなった油には特に注意した方がいいでしょう)は関与せず」と言った内容であったことが世間を賑わせたこともありますね。でも、活性酸素が人間の体に良くないことだけは事実のようで、活性酸素が全く老化に関与していないと確定したものではなかったんですね。実際、医療分野でも成人病や動脈硬化等加齢に伴ってふえる色々な病気の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に抗酸化物質(一般的には、脂質の過酸化反応を抑制する働きを持つ物質を指すことが多いでしょう)を利用しています。抗酸化物質(一般的には、脂質の過酸化反応を抑制する働きを持つ物質を指すことが多いでしょう)は特に生活習慣病を防止する効果、癌や動脈硬化といった加齢によって発症率が増える事疾患(原因がはっきりしないことも多く、治療法がみつかっていないものも少なくありません)の予防効果があるとされており、サプリメント(頼りすぎはよくありませんが、不足しがちな栄養素を補うことで健康を維持できるかもしれません)等にも多く利用されていますね。また、女性の美容効果・アンチエイジング効果を高めるための化粧品などにも利用されていますし、食品の防腐剤としても利用されています。抗酸化物質とは、その名の通り、酸化を防止する物質の事をいうのです。この物質の抗酸化作用によって細胞や組織を酸化から守れば、細胞や組織を少しでも若い状態に保てるというもので、実際に一定の効果が得られているのも事実です。ただ、これらの研究は未だ完全にが解明されたわけではありません。現時点で言えることは、少なくとも活性酸素(活性酸素の害から体を守ってくれると考えられているのが、スカベンジャーとも呼ねれる抗酸化物質です。加齢に伴い体内で作られる量が減るので、食物やサプリメントなどで補うことも大切ですね)が決して体によいものではないことと、老化防止のためには少しでも酸化を防いだ方が良いと言う点もくらいでしょうー